コンサルタントの仕事を理解する

フリーランスとして実際にコンサルタントの仕事をしている人も多いですが、独立して個人でその仕事をしてみたいと考えている人もいるでしょう。これからその仕事をしてみたいと考えている人については、まずその仕事内容を正しく理解しておく必要があります。

コンサルティングというのは、企業や個人などのクライアントから相談を受け、問題点を明らかにして対策に関するアドバイスをすることで、結果のフォローまでを含むことが多いです。このコンサルティングを行う人をコンサルタントと呼んでいます。

どんな立ち位置で仕事をするかによってその名称は変わります。税理士がコンサルティング業務をする場合もありますし、ファイナンシャルプランナーは個人向けのお金のコンサルティングが仕事だといえます。また、資格などまったくなくてもできる仕事であるという点も大きな特徴でしょう。実力があれば仕事が得られますが、実力がなければ暮らせない類の仕事といえるでしょう。

コンサルティングの仕事をしていこうと考える場合に、一番理解しておかなければならない大切なことは、コンサルティングは知識を伝えることではないという点でしょう。知識を伝えるだけであれば本やネットで調べても同じです。
アドバイスも表面的なものであれば単なる評論家になってしまいます。大切なことは、考えるということです。考え抜いて課題を特定し、限界まで思考を重ねてアドバイスするということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です