コンサルタントを目指すなら準備が不可欠

IT系のコンサルタントとしてフリーランスを営んで行くためには、高い能力が要求されます。クライアントからのヒアリング能力に加えて、システム開発の現場でシステムエンジニアやプログラマとエンジニアとしての言葉で対等に会話できることが基本として必要になるからです。
それに加えて、クライアントのために動いているプロジェクト全体を見渡すプロジェクトリーダーとしての視点も必要になります。
つまり、IT業界の開発現場で必要とされる職能を網羅できる能力に加えて、ビジネス能力が必要になる職種なのです。

フリーランスでコンサルタントとしての道を切り開くためには、まずは企業に勤めて一通りの仕事を経験することが大切です。
実際に開発に携わった経験があることで、クライアントの要望を現場で実現するための指示やアドバイスを適切に出せるようになるからです。
一方で、そういった経験を積みながら、ビジネストークの能力も磨いておかなければなりません。クライアントからヒアリングで情報を引き出す力に加えて、それに基づいて作り上げた企画や解決策を短時間で効果的にクライアントにプレゼンテーションすることが仕事の成立に不可欠だからです。
また、システムエンジニアやプロジェクトリーダーとして、取引先との話をしながら見込み客を獲得しておくことも独立した際の滑り出しを円滑にするためには重要な視点です。こういった周到な準備がコンサルタントとしての道を切り開きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です