コンサルタントとして収入を得るには

フリーランスとして独立してコンサルタント業を行なうには成功のパターンがあると言われ、特に相談業務、執筆業務、講師業務は三本柱とも言われるほど重要なものになります。

コンサルタントにおいて最も大きな柱となるのが相談業務であるとも言えます。情報技術、ITに関するものであれば相談者の話に耳を傾け、当たり障りの無いようなことや、精神論を伝えるのではなく、現状を分析して適切な解決方法を導き出すことが重要になります。
また、どこに問題があるのか、例えばプログラムの相談であればその場で問題箇所を発見、指摘し正しいプログラミング手法を伝えることで信頼度を上げることに繋がります。

執筆業務に於いては、活動を通じてコンサルタントとしての認知度を上げるためには欠かせないものになるでしょう。ホームページやブログを通じて情報技術に関して具体的な情報を伝達することにより、結果として相談者が増えて利益に繋がる場合があります。そのため、執筆に関しては直接的な収入というよりは宣伝というニュアンスに近いものになるでしょう。

そして、講師業務に於いてはセミナーの開催を行なうことにより見込み客を獲得できるというものがあります。相談や執筆で得た経験をセミナーを行なうことにより、具体性のある内容の濃いものになることが期待できます。IT分野においてコンサルをしてもらいたい個人や企業が多くなっていることから、このような方法は有効になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です